縦位置・横位置 OLYMPUS-OM-D E-M1 Mark II - SIGMA 30mm F1.4 DC DN - n' Photo labo

« 昭和感満載 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II | Home | 札幌街ぶら 紅葉 - OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II »

2017年10月 8日

縦位置・横位置 OLYMPUS-OM-D E-M1 Mark II - SIGMA 30mm F1.4 DC DN

縦位置・横位置 の構図

時々人の前で写真講座をすることがあります。企業の写真カメラ同好会なんかで呼んでもらったり。時々どきっとする質問を受けることがあります。
この写真はなぜ縦位置で撮ったのですか?

基本的に人間の視野は横位置が安定していると言われています。映像を撮るときは一部を除きほとんどが横長の画角ですよね。
まぁテレビが横長なので左右に黒帯を残す撮り方もどうなのかということもあるのでしょう。

私はどんな時に縦位置で構えるか。もちろん諸先輩方がたくさん講釈されていますが。

「強調」

が私の回答になります。

P9030109.jpgあんまり考えて撮ることはお散歩フォトではないのですが例えばこの写真は床の規則、柱、歩行者、天井の照明。
でもこれ通常怒られる写真です。

そう水平が取れてないから。簡単に今は直せるんですけど私はこの角度が好きで直さずプリントしています。

歩道は通常車道に向かって傾斜しています。だから自分が通常見ている形式は傾斜しているのです。
人間の脳はごまかすことを知っているので水平に見えていますが。

強調と奥行き

P9030124.jpg今の所一つのディスプレイで3Dで表現(奥行き)することはできません。変なゴーグルをつけて3Dを表現しなければなりません。
そしてプリントされた写真も写真が発明されてから今のところ3Dを紙の上で表現することはできていません。

こんな写真を撮る時も横位置より縦一の方が奥行きが表現できてるんじゃないかと思います。

P9030112.jpgオサレ感(お洒落感)をだす時も縦位置が良いのではない?

バルとか雰囲気あっていいですよね。
インスタグラムは1:1の正方形が基本で縦位置・横位置の概念がありません。
確かに1:1の写真はオサレ感満載ですよね。

主題が強調されるからだと思うのです。
そしてスマートフォンやiPhoneは基本構えると縦位置。
縦の画像を見ることをここ10年で普通になっていますよね。

実は雑誌も一ページで見ると縦。

おんなじ場所から同じ被写体でも縦と横で撮って見てしっくりくる方を使う。
それでいいと思います。








Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加しました。ぜひ1日1クリックお願いします。

follow us in feedly
feedlyへ登録できるアイコンを設置しました。是非RSS購読もお願いします。