n' Photo labo: 2015年7月アーカイブ

2015年7月アーカイブ

2015年7月31日

民宿の食事 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS REF50mm f-1.2L USM20150729150101.jpg

撮影に出かけた時の楽しみの一つですよね。現地での食事。
お仕事じゃなくてプライベート撮影で行く時は本当にノープラン。
いや常に撮影したいと思う場所を探していると言った方がいいでしょうか。
ロケハンって結構大事です。この場所この季節に撮りたいなぁとか漠然とでも覚えておくこと。
絶対撮りたい時はメモに書き込んでいます。
どこに、どんなものが、どのように、どんな場面で。
イメージ感想的なものを残しています。
戻ってからゆっくりその場所をWEBで検索します。周辺にどんなスポットがあるのか、どんな物語があるのか。
この時はなるべく他の人が撮った写真は見ないようにしています。真似というか類似してしまうのを避けるのです。
時には撮影NGだったりする場所があったり、権利上撮影しても使いない場所だったり。

ロケハンの時になるべく地元のお店とかに入るようにしています。
なるべくお店の人と仲良くなるようにしています。
そんなところから来週お祭りがあるんだよとか、花火が上がるんだよとか色々教えてくれたりする情報が結構嬉しいのです。
写真撮るならあの場所がいいよとか、お店の私有地から撮らせてくれたりとか。

続きを読む: 民宿の食事 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

2015年7月30日

北海道有形文化財「小樽市鰊御殿」 CANON EOS 5Ds R + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

小樽水族館のすぐそばにある小樽市鰊御殿。
この地域には他の鰊番屋が数件大切に保存されています。
こちらの小樽市鰊御殿は泊村から移築されてきた建物だそうです。
北海道有形文化財鰊漁場建築として指定されています。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS R24mm20150729143654.jpg

建物ではなく今回は館内を。
クマの木彫。明治時代から続いているのですね。

続きを読む: 北海道有形文化財「小樽市鰊御殿」 CANON EOS 5Ds R + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

2015年7月29日

札幌街ぶら「札幌伏見稲荷神社」 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

札幌にもあの鳥居群があるんです。規模は全然小さいですけど。
札幌伏見稲荷神社。
そうです京都のあの伏見稲荷さんから分祀されている神社です。
あまり知られていない気がしますが。
札幌で言うとお金持ちの方々が住む地域ですね。もう豪邸ばかりの地域です。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS REF50mm f-1.2L USM20150729183026.jpg

明治40年からこちらに建立されているそうです。
鳥居の列を見るとなんとなくテンションが上がります。

続きを読む: 札幌街ぶら「札幌伏見稲荷神社」 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

2015年7月27日

札幌有形文化財「旧札幌農学校演武場(時計台)」 CANON EOS 5Ds R + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM,

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS R24mm20150726161903.jpg

旧札幌農学校演武場(時計台)

  • 建築年代 明治11(1878)年
  • 指定年月日 昭和45(1970)年6月17日
  • 所在地 札幌市中央区北1条西2丁目
  • お問い合わせ 時計台 TEL:011-231-0838
  • 観覧携帯 内部観覧可
  • 観覧時間 8時45分〜17時10分(入館は17時まで)
  • 休館日 第4月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 観覧料 大人200円(20人以上団体180円)中学生以下無料
  • アクセス 地下鉄「大通」31番出口より約280m JR・中央バス「時計台前」

初代教頭クラーク氏の帰国後、第2代教頭のホイラー氏の構想に基づき開拓史工業局の設計監督により札幌農学校の演武場として明治11年10月に完成。明治14年に時計塔を付設。明治21年1月より札幌の標準時計とすることが公示されました。

明治36年7月農学校が現在の北海道大学の一に移転し、演武場と旧校地が札幌区に貸与され公会堂として使用されます。明治39年札幌区の所有になり現在の地に移設されました。旧位置は現在の北2条通りの路上から北2条西2丁目にまたがる一帯。

その後、郵便局になり教育会および図書館に利用されましたが昭和36年6月に札幌市指定の有形文化財1号に指定され昭和45年6月には国指定の重要文化財になりました。

続きを読む: 札幌有形文化財「旧札幌農学校演武場(時計台)」 CANON EOS 5Ds R + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM,

2015年7月26日

札幌街ぶら 札幌駅前通 OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

久々の札幌街ぶらシリーズ。
本当にぶらぶらです。
雨の中ぶらぶらです。
札幌駅を出発して大通、すすきの、中島公園の往復。地下鉄南北線的には「さっぽろ」→「大通」→「すすきの」→「中島公園」

約2Km×2ですので4Km。
たいしたことないですね。都内だったら普通に歩く距離ですよね。そうなんですがなんでか札幌でこれをやると疲れるんです。
なぜでしょう。

それはさておき札幌駅が街の中心かとおもれている内地(本州のことを北海道弁でナイチと呼ぶ)の方々は多いのではないでしょうか?
住所的にはさっぽろテレビ塔がある場所が大通1丁目となるのでここが中心に東西南北に住所が増えていきます。

N-PHOTO-LABO_E-M1OLYMPUS M.8mm F1.820150726130450.jpg

奥に見えるのが北海道庁旧本庁舎です。つい最近までここは車が通る道路でした。今は広場と変貌しています。
イベントなどが頻繁に行われるようになりました。
札幌駅前通は現在、ビルの建て替えがたくさん行われています。

続きを読む: 札幌街ぶら 札幌駅前通 OLYMPUS OM-D E-M1 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

2015年7月24日

柔らかく撮る CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS REF50mm f-1.2L USM20150722151203.jpg

高解像度がウリな CANON EOS 5Ds R
キリッとした絵がいろんな場所に溢れているのでちょっとラフな絵をと思いまして。

もともと美しいボケの CANON EF50mm F1.2L USM ですが巷では高画素を生かしきれないとか前評判的にどうのこうの妄想レビューを見てはゲンナリしていました。
数値も大事ですが感性と扱い。そうは思っていてもたくさんのレビューをしている方たちの意見を見るとそうなのかなぁと思ったり。
まぁそんなの見ても仕方がありませんので相変わらず私のスタンスで撮ろうと思いました。
きっちりしたものはきっちり。ラフなものはラフ。
それに今一番こたえてくれるのが CANON EOS 5Ds R だと感じます。

手持ち撮影は無理なんじゃないかと言われてもいた5000万画素のカメラですがリサイズしてプリント、ブログに掲載するのでほとんど1ピクセル単位のブレはわからないです。別に気軽に撮影してもいいんじゃないかと思えます。
SONY ILCE-7R α7R の最初の時のような手ぶれを感じません。というかα7Rで相当鍛えられたと思う。
α7Rも後継が来月発売されますがボディ内手振れ補正+高画素化という順当な進化ですね。

進化がここ1年2年ですさまじく、今最高なものを使いたい気がしますが。

ただ気になる点もあります。
EOS 5Ds Rで撮ったものをどうしても等倍で今は見てしまうのですが。「パープルフリンジ」がやたら気になります。

続きを読む: 柔らかく撮る CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

2015年7月22日

曇天藻岩山 OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

N-PHOTO-LABO_E-M1OLYMPUS M.7-14mm F2.820150722150355.jpg

あいにくの超曇天。このあと真っ白な雲の中に包まれてしまいまして何もできず・・・。
藻岩山に登るには中腹駅まで観光道路を使って中腹駅からケーブルカー?のもーりすカーに乗って山頂へ向かうか、ロープウェイで中腹駅まで来てもーりすカーに乗るかの二通りか徒歩で登山。

撮影機材を抱えて登山なんて無理なので車で中腹駅へ。
35mm換算で14mmという超広角から28mmをカバーする M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO。
あいにくの天候ながらどれくらいの範囲で山頂から札幌市内を収めることができるのか。

マイクロフォーサーズの私の苦手なところはアスペクト比4:3というところ。もちろん変更すれば通常のカメラと同じ3:2で撮ることもできるのですがなんかそれは違うと感じていたりしてマイクロフォーサーズは4:3で撮っています。

続きを読む: 曇天藻岩山 OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

2015年7月20日

北海道遺産 「清華亭」 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

北海道遺産として登録されている「清華亭」。明治13年に建てられた貴賓接待所です。
無料で一般開放されているのですが今日は外観だけ。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS REF50mm f-1.2L USM20150720171429.jpg

北海道遺産として札幌市内に現存する開拓使時代の洋風建築が複数登録されています。
「清華亭」の他に皆さんご存知の「時計台」や中島公園内にある「豊平館」
その他に「旧永山武四郎邸」と「旧黒岩家住宅」が含まれています。

続きを読む: 北海道遺産 「清華亭」 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

夕景が素敵に映る SIGMA dp0 Quattro

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150719191540.jpg

って夕景じゃないじゃないか。赤が朱がとても自分好みに映る SIGMA dp0 Quattro。
他のシリーズと同じはずなのに dp0 Quattroの 朱の色が一番好きだ。個体差があるとは思えないしレンズの習性なのか
シリーズで一番好きな朱。現像でどうにでもなるじゃんと言われるかもしれませんが撮影した生の状態でベストな色だとおもったら現像ではパラメータをいじりません。このブログに掲載している写真のほとんどは現像で補正をなるだけしないようにしています。

カメラやレンズの名称をタイトルに入れているというのもあるのですが現像補正して仕上げたものを見てこの写真を撮りたいと思ってくれた人に撮影しても同じような色にならなかったら申し訳ないからです。もちろんボディ側の設定できちんとホワイトバランスを取ったりして撮影してはいるのですが。そんな意識でブログに掲載しています。

続きを読む: 夕景が素敵に映る SIGMA dp0 Quattro

2015年7月19日

札幌のスポット SONY α99 SLT-A99V + SONY Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

N-PHOTO-LABO_SLT-A99V24mm F2 ZA SSM20150719200035.jpg

札幌駅です。北海道新幹線が札幌まで延伸したら新幹線のホームが現行の1番線と2番線が新幹線のホームになるのか桑園側か苗穂側に地下ホームになるのか近々決まるそうです。

さて札幌まで新幹線でたくさんの人が来てくれるのでしょうか・・・。
なんて心配しても仕方がないですね。北海道新幹線の撮影を木古内町までしてきますよ。

続きを読む: 札幌のスポット SONY α99 SLT-A99V + SONY Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

ミュンヘン大橋と藻岩山の夕景 SIGMA dp0 Quattro

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150719183638.jpg

スカッと晴れません。
街には浴衣姿の女性がたくさん。カメラを向けると通報されそうなのでやめておきます。

2015年7月17日

空の写真 SIGMA dp0 Quattro

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150716122103.jpg

豊平川に架かる橋は意外と個性的。橋を写真に収めるのが結構好きでいろんな橋を撮ってきています。
見たまま以上に鮮明に映像を残してくれる SIGMA dp0 Quattro。
この画角にもだいぶ慣れてきました。ほぼ撮影時には液晶はピントの確認のみ。
構図は大体想像できるようになってきました。
この橋の写真も実はピントをAFにしてスポットだけを合わせて液晶を見ずに撮影。

こんな構図が自分は大好きだったりします。

続きを読む: 空の写真 SIGMA dp0 Quattro

2015年7月16日

八紘学園 花菖蒲園 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

札幌の月寒(つきさむ)にある北海道農業専門学校「八紘学園 花菖蒲園」でCANON EOS 5Ds Rの試運転です。
前々から訪れてみたかった場所でしたがなかなか機会がなく。
入場料は大人400円です。
つきさっぷジンギスカンでジンギスカンを食べてみたいのですが長年叶わず。
だってジンギスカンと言ったらビール。ビール飲んだら車運転できない=行けないの図式です。

それはさておき EOS 5Ds Rの試運転です。
レンズは EF50mm F1.2L USMです。

とぎどき聞かれるので USMって何? ウルトラ・ソニック・モーターの略です。
AF(オートフォーカス)モードの時に超高速にピント移動を電子的にしてくれるものです。
「Lレンズ」ってなんの略?とも聞かれたことがあるのですが確かLuxury"(贅沢な)の意味だったと思います。
まさに贅沢な価格のレンズですが写りは抜群だと思います。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 5DS REF50mm f-1.2L USM20150716132308.jpg

EOS 5Ds Rの画像だけリンク先のサイズをいままでの倍にしています。フルサイズはそのうちきっとFlickrに掲載したいと思っています。

続きを読む: 八紘学園 花菖蒲園 CANON EOS 5Ds R + CANON EF50mm F1.2L USM

2015年7月15日

I would like summer greeting. SIGMA dp0 Quattro

I would like summer greeting.

Sapporo is somewhat easy to spend today.
Heat is great people in the community should spend drinking good beer to heat stroke prevention.
It is a piece of sunshine filtering through foliage taken in the morning of today.

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150715075934.jpg

暑中見舞い申し上げます。いつの間に札幌も「暑い」「暑い」が口癖になっていますが。
夏本番。熱中症対策はうまいビールです(飲めないけど)

直線をまっすぐ撮る SIGMA dp0 Quattro

普通に当たり前なことを書いていますが、広角レンズで中心から放射状に直線が曲線になるのは毎でした。
どうゆうことかさっぱりこの説明ではわかりませんよね。
広角になればなるほど実はレンズの端に映る像は歪んでしまうのです。
広角レンズの仕組みを見ればなんとなく想像がつきますかね。

歪曲収差(ディストーション)。

歪曲収差が限りなく0に近づくとはどういうことなのか。

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150714075040.jpg

逆光ですみません。こちらはこちらでこのカメラの癖を知りたいので色々撮影しています。
直線をみてください。右側の電柱や建物の縁。ちゃんと直線になっています。

歪曲収差の値が大きいレンズですとこの直線が内側に湾曲したりしますが限りなく直線に見えます。
今まではAdobo PhotoshopやLightroomでレンズ補正を適用したり湾曲を修正していたのですが全くほとんど修正しなくても良いです。
そこに気を使うより色の再現に気を使う方が全然効果的ですしね。

続きを読む: 直線をまっすぐ撮る SIGMA dp0 Quattro

2015年7月14日

ラベンダーを撮る SIGMA dp0 Quattro

何度も書いていますが広角は難しい。どうしてもいらない被写体が入り込んでしまいます。
でもワイドで撮りたい。
北海道を代表する観光地、富良野・美瑛地区。
大半が外国人観光客(アジア圏)
もうそりゃー騒々しいです。
羨ましいのはライカMにMレンズを首からぶら下げてgalaxyで一生懸命写真を撮るいかにも富裕層のおじさま。
そのライカ使わないなら私使いたいです・・・。と言いたい。

ダイヤルモードがAutoの場所でLレンズをつけたEOS 7D Mark 3を首からぶら下げているお姉さま。
重そうなので私が代わりに使ってあげますよ・・・。

日本の格差社会なってちっぽけな感じがしますよ・・・。

なんていう冒頭の愚痴はどうでも良いですよね。

ラベンダーです。「拝啓、かあさん、ラベンダーが咲き始めたわけで、まだ満開ではないわけで、今週末がオススメなわけで」

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150713111523.jpg

ラベンダーの森で一枚。
人気観光花畑ではないのでゆっくりと見られる場所です。

続きを読む: ラベンダーを撮る SIGMA dp0 Quattro

2015年7月13日

ラベンダー LENSBABY Velvet 56 + CANON EOS 6D

LENSBABY Velvet 56 + CANON EOS 6Dでラベンダーを撮ってみます。
ふんわかしたボケがレンズフィルターでも再現できないし現像ソフトでも再現できないようなとても暖かいボケが楽しめます。
もう絶対手放せない一本のレンズになりそうです。
N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D20150713121139.jpg

前の記事にも書きましたが電子接点がないためExifデータには何も記録されないためどんな絞りで撮ってどんな焦点距離で撮ったのかあとからはさっぱりわかりません。それでも数枚撮り続けるとなんとなくこうしたいという絵が頭に浮かぶようにはなってきました。

続きを読む: ラベンダー LENSBABY Velvet 56 + CANON EOS 6D

2015年7月12日

広く撮る SIGMA dp0 Quattro

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150711144115.jpg

古民家を撮るのが好きです。建築物を撮影するに打って付けの SIGMA dp0 Quattro。
これ以上でもこれ以下でもなく。見事に自分の見えるもの全てを映し出してくれるいや色やディテールについては相当自分が見ているものより細かく繊細に。

都心部にもまだまだ木造の歴史を感じる住宅が残っている札幌です。見つけるたびに結構撮っているのですがちゃんとマップにしておけばよかったと。 SIGMA dp0 Quattroで全てを撮り直したい衝動に。

続きを読む: 広く撮る SIGMA dp0 Quattro

2015年7月11日

北海道庁旧本庁舎 SIGMA dp0 Quattro

SIGMA dp0 Quattro。最終兵器というかこの広角画角でディストーション0。
最高の超広角コンパクトデジタルカメラです。

21mmって難しいですよ。難しすぎます。いかに太陽光をハレーションを起こさない角度で撮るか。
今日の撮影は失敗続きでした。順光はいいと思うのですが。

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp0 Quattro20150711154242.jpg

ND1000を使っています。スローシャッター。
これだけの広角だと風景が今後多くなるのかな?と思いながらND1000フィルターを用意してみました。
風景を撮ることが多いのですが昨今やはり人物が写り込んだりしているものを公開するのはちょっと問題があるような気がしていまして。

札幌市というか北海道の景観地の代表といえば北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)です。札幌のど真ん中に位置しています。
中は無料で入ることができ樺太の歴史や化石、北方領土問題などのテーマごとに展示されていて北海道の歴史を見ることが可能です。

続きを読む: 北海道庁旧本庁舎 SIGMA dp0 Quattro

2015年7月 7日

横浜市開港記念会館 OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

毎度毎度、新しいボディやレンズを買うたびに試し撮りに訪れる場所の一つ。
外観しか撮ることはなかったのですが今日は館内に潜入(普通に無料で観覧できますしボランティアの方々の説明を聞きながら館内を見ることも可能です)

ただ今日はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROです。まだM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO は購入していなく・・・。
レンズラッシュで追いつきません。

N-PHOTO-LABO_E-M1OLYMPUS M.12-40mm F2.820150707103245.jpg

使い慣れているはずのレンズの一つなのですが曇天で撮るのは難しい。そしてズームレンズの悪いところ横着してしまうところ。
構図を上手に考えられなくなるととりあえずワイドからテレ側に寄ってみて・・・。単焦点だったら逆の行動な私。
いまいち構図が決まりません。

続きを読む: 横浜市開港記念会館 OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

2015年7月 5日

LENSBABY Velvet 56 + CANON EOS 6D 初撮り

楽しいポートレートが撮れるLENSBABY Velvet 56。
入手できましたので初撮りです。
なんのこっちゃわからないですよね。

高次球面収差を出しソフト効果を強調します。
トイレンズでもありますが本格的というか味が濃いというか使えるレンズだと思って購入しました。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D20150705180854.jpg

とても不思議な画像が出来上がります。光学ファインダーを覗いている段階では普通にピント合わせができて周辺もくっきり見えるんですがシャッターを切って画像をみるとこんな感じでソフトフィルター最強的な絵になってとても楽しいです。
レンズには電子接点がないためどの絞りで撮った写真なのか後から確認できないのですが。

続きを読む: LENSBABY Velvet 56 + CANON EOS 6D 初撮り

2015年7月 4日

丸の内 SONY Cyber-shot DSC-RX100

N-PHOTO-LABO_DSC-RX10028-100mm F1.8-4.920130218061453.jpg

丸の内の夜。東京駅。SONY Cyber-shot DSC-RX100 で撮ったものを改めてみるとやっぱりいいですね。
裏面CMOSセンサーになる前の"Exmor(エクスモア)"CMOSセンサーです。
何が違うのかいまいちよくわかっていませんが。やっぱりこっちの発色の方が好きです。

α7Rもα7R Mark2になると裏面に変更になりますが。
私はα7Rの発色が好きなので買え変えはなしですね。

icon icon

続きを読む: 丸の内 SONY Cyber-shot DSC-RX100

2015年7月 1日

初撮り SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G + SONY ILCE-7R

SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G をようやく購入しました。
発売が伸びに伸びて2014年が2014年度中になり気づいたら2015年発売。
良いものを作りたいという精神はいいのですがこちらも色々予定がありますから。
雪のシーズンを逃し、桜のシーズンを逃し、ライラックのシーズンを逃し・・・。

マクロではなく本日は望遠レンズとして使ってみることにしました。

N-PHOTO-LABO_ILCE-7RFE 90mm F2.8 Macro G OSS20150701170724.jpg

公衆電話をあまり見かけなくなった上に、なんだか懐かしい案内板。
解放F2.8。ピント面が狭くピントが合っていないところは全部ボケる。
自然な遠近感が良い感じに描写されていると思います。

icon icon

続きを読む: 初撮り SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90M28G + SONY ILCE-7R

狭小 SIGMA dp3 Quattro

800GBのSSDが満タンになりまして・・・。
写真データはどんどん増えていく一方。
カメラ、レンズごとに自動振り分けをするアプリを作ったり作らなかったり。もう自分で整理バックアップするのは限界を感じております。
正直こんなにカメラの台数が増えると思っていなかったので。

N-PHOTO-LABO_SIGMA dp3 Quattro20150418124259.jpg

まさにこの写真の通りな感じです。狭小。
自宅以外にもファイルサーバを置いてあるので何かがあってもどっちかから色々取り出せるようにはなってはいるのですが最初の振り分けは今の所自分自身でやっていたり。それを自動的に振り分けてバックアップなんつーうアプリを作って管理を始めました。SDカードをMacに差し込めばオリジナルRAWを3箇所にバックアップ。JPEGはRAWと一緒に写真.appへ登録。SIGMAのRAW以外はAdobe Lightroomへ自動取り込み。RAWには全て著作権情報を取り込み時点で埋め込みSDカードからデータを吸い上げたら自動的にSDカードをフォーマット。
同一機種があるのでカメラのシリアル番号ごとにフォルダ管理。
などなどもうこれが完璧に動作始めればあとはLightroomで集中して現像できます。

みなさんはどのようにファイルを保管しているのでしょうか・・・。

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。