n' Photo labo: 2015年5月アーカイブ

2015年5月アーカイブ

2015年5月31日

月齢12.8 SONY ILCE-7R + Vixen ED81SII

N-PHOTO-LABO_ILCE-7R----20150531192410.jpg

ビクセンのGPD2の極軸合わせの練習中に。
ED81SII-S鏡筒(焦点距離625mm)に接眼レンズSLV20mm(焦点距離20mm)をつけているので

625 ÷ 20 = 31.25倍。
月全体がおさまりきらないのでSLV25mmを導入しようか考え中です。
接眼レンズ側にNDフィルタを装着するのを忘れていたので次回満月時に撮影したいと思っているのでその時は装着して撮ってみようと思っています。

もう少しクレーターがくっきり写るようにピント合わせを頑張りたい。外部モニターにつないでピント合わせをしてみるか。

森林浴 SONY α7R ILCE-7R + Carl Zeiss Loxia 2/35

N-PHOTO-LABO_ILCE-7RE 35mm F220150531161941.jpg

久々にCarl Zeiss Loxia 2/35。
やっぱり良いレンズです。
この良いレンズを持って森林浴。
良い空気を吸ってきました。

さて。

2015年5月28日

美瑛初夏始めました SIGMA SD1 Merrill + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS

N-PHOTO-LABO_SIGMA SD1 Merrill20110101000846.jpg

美瑛町のど定番観光スポットになった白金青い池。
空が明るすぎるとエメラルドグリーンに見えます。それともだんだん緑になってきていますかね?
最近ずーっとこんな感じの色に見えています。

火山泥流から街を守るために作らてたコンクリートブロックで作られた堰堤に水がたまり人口の池になりました。
青く見えるのは硫黄沢川からアルミニウムを含んだ水が美瑛川の水と混ざるとコロイドが生成されて人間の目には青く見えるそうです。
科学反応です。

続きを読む: 美瑛初夏始めました SIGMA SD1 Merrill + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS

2015年5月26日

コンポジット撮影 北極星を回る星々 OLYMPUS OM-D E-M1

ライブコンポジット撮影が楽しいです。
OLYMPUS OM-D E-M1に縦位置バッテリーグリップをつけると外部電源が使えます。
早速購入しました。
バッテリ2つで約3時間はコンポジット撮影が可能ですがそれ以上長い場合は途中でバッテリ交換が必要になります。
ボディに触れるためブレが発生してしまうのでやはり最初からACアダプタを使って給電する方が良さそうです。

定番構図にはなりますが。

N-PHOTO-LABO_E-M1OLYMPUS M.12-40mm F2.820150525015025.jpg

さて次はどんなライブコンポジット撮影をしてみましょうか。

2015年5月25日

APフォトガイダーを導入する SONY ILCE-7S + SEL70200G

天体撮影ど素人です。
ポラリエ→GPD2→APフォトガイダーとなりました。
どれもまだ全然使いこなせていないのです。
ポラリエですら使いこなせない私。
北極星を肉眼、双眼鏡で見つけることはできるのですが、極軸望遠鏡となるともうどれがどれだか全く見失ってしまいます。
昨年からビクセンさんの営業さんにいろいろ教えてもらえる機会がありましたので思い切ってAPフォトガイダーを購入してみました。

撮影しているカメラは SONY ILCE-7S に FE 70-200mm F4 G OSS です。
とにかく実践あるのみ。手取り足取り極軸合わせを習いましたが一人でできる気がしません。
なんども練習する必要がありますね。

N-PHOTO-LABO_ILCE-7SFE 70-200mm F4 G OSS20150525014609.jpg

続きを読む: APフォトガイダーを導入する SONY ILCE-7S + SEL70200G

2015年5月22日

室蘭の下見 SIGMA SD1 Merrill + SIGMA 17-50 mm F2.8 EX DC OS

SD1 Merrill を買うときにちょうどセットレンズ付きしかなかったのでこのレンズを持っているのですが。
久々に単焦点以外を使うと結構戸惑ってしまいます。

N-PHOTO-LABO_SIGMA SD1 Merrill20150521143713.jpg

太陽を真正面に受けて撮影。このレンズなかなか良いレンズだったのです。
ことに年明けに購入した遅咲きのSD1 Merrillですがすぐに 30mm F1.4 DC HSMを購入してしまったのでほとんど出番がなく。
倉庫を整理していたら出来てきたのでこの日はこれ一本で。
カメラは複数ですけど。
と決めて工場夜景を撮影するためのロケハンです。守衛さんに撮影の許可はどこで受けられるかとか諸条件の確認です。
工場の配管とかって実は特許だったり企業秘密が含まれていたりするので先に聞いておきたいのです。

ビデオの場合も同じですが今回はドローンを使った撮影も考えているので敷地の飛行許可やらもらいたいと思っていまして。

続きを読む: 室蘭の下見 SIGMA SD1 Merrill + SIGMA 17-50 mm F2.8 EX DC OS

コンポジット撮影で星と航空機の光跡を OLYMPUS OM-D E-M1

N-PHOTO-LABO_E-M1OLYMPUS M.12-40mm F2.820150521204454.jpg

LIVE COMP(ライブコンポジット撮影)でBULB撮影(バルブ撮影)とは違った長時間露光撮影を楽しむ。
ライブコンポジット(比較明合成)は設定した露光時間で撮影した画像を連続で複数枚撮影してそれぞれ明るい部分だけ(明るく変化した部分だけ)を合成して一枚の写真にすることです。Photoshopなどのアプリケーションを使ってちょっと昔はやっておりました。

オリンパスの最近のカメラにはこのLIVE COMPモードが付いています。(ファームウェアのアップデートで対応している機種もあり)
OM-D E-M1はファームウェアをアップデートすることでこの機能が使えます。
確かVer.2.0以上で対応しています。

メニュー名と設定する表示名の名称が違うところがなかなか初めての方には扱いづらいところだと思います。
メニューからコンポジット撮影設定を選択し1コマの露出時間を決定します。
マニュアル撮影ですので絞りと露出時間の設定が必要なのです。
星を撮る時はなるべく露出時間を長めに(星の軌跡を取る場合です)。
私はISO400で20秒の露出。
今回の場合は20秒で1時間。計180枚の比較明合成をした計算になります。

設定後シャッタを一度押すとノイズの取得をしてくれます。これがあるのとないのでは雲泥の差です。
Photoshopのレイアーの一番上に最後かぶせる部分です。
暗いところは暗いまま。
これは大事です。

あとはひたすら待つだけ。ライブコンポジットという具合なので露光ごとにモニタ合成で確認できますので自分のイメージしたところで終了して処理を待って完了です。

2015年5月20日

曇天・夕闇に浮かぶセクシーな月 SONY α7S ILCE-7S + SEL70200G

N-PHOTO-LABO_ILCE-7SFE 70-200mm F4 G OSS20150520191005.jpg

天気が悪い北海道です。今時期ちょうど月が細くてしかも月の入りがとても早い。
星を撮るにはとても好機なのですが何せ天気がずーっと悪い。
雨雲の中空を見上げると細くてセクシーなお月さまが出ていたので久々にα7Sをスナップ撮影に使ってみます。
SEL70200Gではちょっと足りないですが今の所FEレンズでは一番焦点距離が長いレンズです。

続きを読む: 曇天・夕闇に浮かぶセクシーな月 SONY α7S ILCE-7S + SEL70200G

2015年5月17日

Sunset LEICA T + LEICA SUMMICRON-T 23 mm f/2 ASPH

N-PHOTO-LABO_LEICA T (Typ 701)Summicron T 1-2 23 ASPH.20150517183420.jpg

Leica Tもそろそろレンズを充実したいのですが、まだMに未練があるので将来的にMマウントに行くならずーっとこの SUMMICRON-T 23 mm f/2 ASPH 一本でとも思ったり。

明日も良い天気に恵まれますように。

2015年5月14日

SONY α7R ILCE-7R with 135mm F2.8[T4.5]STF 札幌百合が原公園の春

久々にα7Rを使っている気分です。
色の具合がソニーが好きです。α7Rはとても良いカメラなのですが使っているレンズがAマウントなのでレンズとボディの重量バランスが使いづらいくらいが不満なだけで操作系も一番使いやすいと思っています。
AマウントとEマウントを使い分けるため二台体制で撮影に挑みます。

N-PHOTO-LABO_ILCE-7R135mm F2.8 [T4.5] STF20150514144717.jpg

続きを読む: SONY α7R ILCE-7R with 135mm F2.8[T4.5]STF 札幌百合が原公園の春

梅が終わってたのでチューリップ SIGMA SD1 Merrill + SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM

札幌の平岡梅林公園の梅は見事に終花。
桜も梅も逃しております。
で撮影に時間が取れそうな時に限って曇天or雨天。
もう色々ついてないです。

N-PHOTO-LABO_SIGMA SD1 Merrill20150513161118.jpg

tulip

Flickrに3136 × 4704サイズの画像をアップロードしています。

続きを読む: 梅が終わってたのでチューリップ SIGMA SD1 Merrill + SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM

CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM チューリップ

まだ少し早かったようです。
札幌の滝野すずらん公園のチューリップです。
N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D35mm20150513160830.jpg

敷地がとてつもなく広い滝野すずらん公園。あまり暖かくなる時期になると虫が・・・。なんて思いながらチューリップの様子を見に行ってきました。
年間パスを購入したい気も。

続きを読む: CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM チューリップ

2015年5月11日

CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 被写体探し

なかなか撮る時間もなく1日使えればいいなぁと。
撮る時間あったら飛ばしたいという欲求もあるのでなかなか難しいところです。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D35mm20150506161831.jpg

最近はこのコンビ CANON EOS 6D + SIGMA 35mm F1.4 DG HSMがお気に入り。24mmも良いのですが少し難しい。
気軽にファインダを覗ける35mmがお気軽です。
6Dは二台体制ですがもう一台はEF85mm F1.2 II USMが付いています。
SIGMA から次は85mmじゃないかと待っているのですが。ただこのEF85mmは素晴らしいので90mmとか変なところを狙って欲しい気もします。
135mmが好きなのですがEF135mmを買うか迷っているところです。

続きを読む: CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM 被写体探し

2015年5月 9日

SIGMA SD1 Merrill + SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM 近場逃避

最近石狩新港にぼーっとしに行くことが多いです。
いろいろストレスや悩みやどうしようもない現実から逃げたい時。
たまたま飛行船が係留されているとうこともあるのですが。

N-PHOTO-LABO_SIGMA SD1 Merrill20150508164158.jpg

転落中なんですねいろいろと。

続きを読む: SIGMA SD1 Merrill + SIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM 近場逃避

2015年5月 7日

CANON EOS M3 + CANON EF-M22mm F2 STM で札幌の定番夜景

札幌街ブラ最近やってないね・・・。と言われてハッとした私です。
ブログを見てくれている人に直接言われるとドキッとします。
ちなみにFBのアカウントでn' Photo laboにログインしてコメント残せるようにしました。
スパムコメントばかりでうんざりしていたのですがちゃんとコメントをいただけるブログにしたいと思っています。

札幌の定番夜景はもちろん藻岩山もあるのですが、もう少しぐっと近い場所からの夜景の方が好きです。
さすがに三脚なしでは撮れませんのでマンフロットさんのBefree三脚を持って行きました。
22時までは駐車場が解放されていますしたいして歩きません。

マンフロットさんのBefree三脚はアルミ製なのですが最近カーボン製が出たらしく気になっています。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS M3EF-M22mm f-2 STM20150506194916.jpg

旭山公園の定番夜景ですが、黄砂のせいでしょうか、なかなかぴしゃりとした絵が撮れません。
ファインダ付モデルを買ったのですがEVFなので拡大してピント合わせをしているのですが実際に撮影された画像を見ると甘々だったりちょっと凹みます。

あとPanasonicのDMC-LX100とOLYMPUS AIR A01でも撮ってみたので現像してみて良かったら記事にします。

2015年5月 4日

いつもの席 CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D35mm20150504125326.jpg

このお店で食べるときはだいたいこの場所。店主と音楽(聞く方)の話をするのが好き。
車で来なければぜひギネスを飲みたいのですがそれは多分ずーっと叶わないでしょうね。
JAZZは好きな方で聴いていたのですが深さが違うのです。JAZZの話をしてもらうのが楽しい場所。
うまいカレーと食後の珈琲で生きている幸せを感じる。大袈裟ではない。それほど旨いカレーなのだ。

続きを読む: いつもの席 CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

蒲公英 CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

漢字で書くとなんか違和感というか険悪感。
字面が嫌いなのか隣国のイメージが嫌いなのか・・・。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D35mm20150503141343.jpg

タンポポの堤防をゆっくり散歩したいですね。

続きを読む: 蒲公英 CANON EOS 6D + SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

2015年5月 3日

DJI PHANTOM2 vision+ で飛行船の着陸シーンを空撮

飛行船の着陸って面白い。
地上に待機している人たちが飛行船からぶら下がるロープを追いかけて捕まえる。
ブイまで人力で引っ張ります。
そして以外にも結構飛行船の推進力は結構大きな音がしていた。

乗ってみたいですね。

2015年5月 2日

桜終わってるやん・・・。 CANON EOS 6D + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

札幌の桜。
ほぼ終わってることに気づく今日この頃。

N-PHOTO-LABO_Canon EOS 6D35mm20150429175910.jpg

写真撮りに出かけた〜い。

2015年5月 1日

DJI PHANTOM2 vision+ で石狩市 石狩はまなすの丘公園 の空撮

だんだん良い季節になってきました。機会があればどんどん飛ばして映像をYoutubeに上げていきたいと思っています。
PHANTOM2 vision+ と PHANTOM2 3DジンバルにGoProを積んで飛ばす2台体制で撮影しているのですが基本的に FPVができないGoProバージョンは4Kでどうしてもと思うとき以外は飛ばしていません。

最近はやたらに事件事故で話題になるドローンですが誰でも簡単にと言いますけどそれなりの訓練は必要だと操縦していて思います。
人の上を飛ばさない、人の敷地の上を飛ばさないなどなどモラルがないと大変なことになりますし、所詮出力の弱い電波で操縦していますから電波が途切れたときのことを考えないと大変なことになってしまいます。 PHANTOM2 vision+には電池残量や現在時をGPSで取得することができますので事故になりづらいとは思いますがそれでも電波だけで繋がっているドローン。GOHOME的な安全装置が付いているとはいえ慎重に飛ばす必要はあると思います。

石狩はまなすの丘公園には灯台があり今も夜は海の信号として灯りがついています。
間も無くするとはまなすやハマボウが咲き乱れる季節になります。
またそのときにでも空撮してきたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。