n' Photo labo: 2014年9月アーカイブ

2014年9月アーカイブ

2014年9月30日

SLニセコ号を SONY α7R ILCE-7R + FE 70-200mm F4 G OSS で撮る。

今年でラストランの予定のSLニセコ号。

今年も残す所10月の土日祝日と11月の頭3連休のみとなりました。
札幌駅を8時31分に出発、9時17分に小樽に到着。9時58分に小樽駅を黒煙と水蒸気を吐きながら出発します。
余市、仁木、小沢、倶知安、ニセコ、昆布、蘭越と運行して行きます。
紅葉真っ盛りの中を進んで行くSLは味があるでしょうね。
ILCE-7R20140928105551.jpg

続きを読む: SLニセコ号を SONY α7R ILCE-7R + FE 70-200mm F4 G OSS で撮る。

2014年9月29日

OLYMPUS OM-D E-M1 で小樽北運河をさらりと撮る。

OLYMPUS OM-D E-M1 このブログでは初登場です。実はあまり稼働率が良くないOLYMPUS OM-D E-M1です。
最近ファームウェアが2.0にバージョンアップされたのを機に改めて撮ってみようと思いまして。

何が苦手で使わないのかと言うとカメラの前後にあるダイアル2つがころころ設定ポジションにより入れ替わり何を調整しているのか分かりづらい。
ここに限る気がします。自分好みにカスタマイズすればいいんでしょうけど・・・。

E-M120140928150115.jpg
小樽の北運河と呼ばれている付近です。観光客はこの辺まではさすがに歩いてきませんから静かです。人力車のルートにはなっているみたいです。
写真でいうと右側が海です。大正時代に海を埋め立てて幅40mの運河ができました。重機が無い時代にすごいことするな。
この先に手宮という地域があります。北海道の鉄道の始まりの場所です。

続きを読む: OLYMPUS OM-D E-M1 で小樽北運河をさらりと撮る。

2014年9月28日

OLYMPUS PEN Lite E-PL7 レンズキッド で春?を撮る。

間違ってますこの子達。
タンポポやらひまわりやらシロツメクサなどなど。
春から夏に咲く花がこの夜には気温が一桁台になる時季に元気に咲いています・・・。

E-PL720140927122208.jpg

このレンズ結構被写体に寄れるんですよ。マイクロフォーサーズっていう利点もあるのですが。もう少し明るいレンズだったらなぁ的な感想もありますが本当日常を切り取るには最適なカメラかもしれません。ライバルといえばSONYのα5100になるでしょうか。
PEN Lite E-PL7の機能の中にいろいろと面白い機能がありちょっとアートフィルタ的なものを試してみようと思っています。

続きを読む: OLYMPUS PEN Lite E-PL7 レンズキッド で春?を撮る。

2014年9月27日

記録はRAWで。撮った方が良いですよというお話。

JPEGでももちろんOKですよ。なんでわざわざ記録容量が大きなRAWで保存しておくのかといいますと。

ほんの一例ですが。
こんな技というか後で良かったなぁ的な。

例えばこんな残念な写真。
E-PL720140927114322_1.jpg
残念です非常に残念ですね。
ホワイトバランスがおかしいんです。照明(蛍光灯)でわざと撮りました。JPEGだとこれで記録されてしまうのです。
あとから見て気付いたときにはもう衝撃ですよ衝撃。
RAWで記録しているとこれをなんとかしちゃえます。(もちろんJPEGでもなんとかできますが、画質は劣化します)
さてどうにかしちゃうとこんな風になりますよ。

続きを読む: 記録はRAWで。撮った方が良いですよというお話。

2014年9月26日

ニセコの紅葉始まりを撮る。 CANON EOS 6D + EF85mm F1.2L II USM

北海道も大きいので北の方ではもう紅葉が始まっているか終わりかけている頃でしょうか。
北の方ばかり出掛けているような気もしていたので札幌から南の方向のニセコ町で紅葉を探しに出掛けました。
Canon EOS 6D20140925134045.jpg

撮り鉄さんのマナーが大変悪いそうでその中に混じりたくはないのですがSLニセコ号は撮りたいかな〜。
週末に時間が合えばなぁ。

続きを読む: ニセコの紅葉始まりを撮る。 CANON EOS 6D + EF85mm F1.2L II USM

霧の神仙沼(しんせんぬま) SONY α7R ILCE-7R + DISTAGON T* 24mm F2 ZA SSM

残念ながら霧です。晴れるのを待ってみたのですが霧です。
天候ばかりはどうしようもありません。霧です。
ニセコ山系の沼で一番大きく晴れていれば美しい沼なんですよ。

「湖の名前の由来はボーイスカウトの生みの親である下田豊松氏が「皆が神、仙人の住みたまう所」の感銘を受けて神仙沼と命名されたことによる。」

ILCE-7R20140925154722.jpg

霧の雰囲気が出るようにモノクロにしてみました。

続きを読む: 霧の神仙沼(しんせんぬま) SONY α7R ILCE-7R + DISTAGON T* 24mm F2 ZA SSM

2014年9月25日

CANON EOS 6D + EF50mm F1.2L USM 空気感がいい

やらかしたのはほしいものリストで報告済みですが。なかなか撮りに出かける機会が無くて。
EF50mm F1.2L USMのテストドライブです。

Canon EOS 6D20140925162457.jpg

SIGMAのARTの50mmもすばらしい空気感を醸し出してくれるのですが一段明るいこのレンズ。逆光、薄明光線を見事に映し出してくれています。
一段絞って撮るか撮らないか(デジカメなんだから撮ればいいんだけど)。をちょっと悩んででして。いや今日はテストドライブ開放にこだわりましょう。

薄明るい天候なんですがこの明るさで撮れるのは素敵です。

続きを読む: CANON EOS 6D + EF50mm F1.2L USM 空気感がいい

2014年9月24日

日常の記録にマッチする OLYMPUS PEN Lite E-PL7

カメラ女子的な撮り方?むしろ最近は男性の方が食事前に撮影していることを目撃するような気もしますが。
私もかなり昔から食事が運ばれてきたら写真を撮るをやってきています。最初はなんで写真撮るの?的なことでお店の人に嫌がられていましたが最近は普通になってきた気がします。まぁ過去に写真を撮ったのが気に喰わないって言うことで警察が出動してきたこともありますが・・・。
そんな苦い経験を何度かしていますが撮る。
ちなみに私はプライベートで撮っている写真をブログで紹介するときはおいしいとき。だけにしています。

食べ物を撮るのは実は本当に難しいです。店内の照明は座る場所でも違いますし、ストロボを使うのもほかのお客さんに迷惑掛かりますし。
最近のスマートフォンはLEDライトがついていて周りにお構えなしで光らせる人が居ますが・・・。

「ホワイトバランス」を適切に選んであげるだけで相当写真の写りが変わります。この記事はまた後日書こうと思っているのですが。

街を歩いていて屋台やお祭りなど何を食べるか決まっていない状態。思いつきなんていう時にこのカメラは良いかも。

ちょっと深めのポケットにすっぽり入る OLYMPUS PEN Lite E-PL7。
鞄に忍ばせるよりポケットがいいと思います。電源オフからオンで撮影可能状態になるのも比較的早いですし。シャッターチャンスを逃さず。

E-PL720140924121158.jpg

おいしく見えますかね??Facebookなんかであがってくる写真で不味そうに見える写真があってあれって確実に営業妨害だなぁと思うことが多々あるのですが・・・。

続きを読む: 日常の記録にマッチする OLYMPUS PEN Lite E-PL7

2014年9月21日

OLYMPUS PEN Lite E-PL7 レンズキッド で初撮り空を撮る

いつの間にかレジに(笑)

宮崎あおいさんがかわええなぁ的に昨日から発売になっていた OLYMPUS PEN Lite E-PL7 を弄っていたのですが。
オリンパスの営業さんには声をかけられることも無く油断していたらソニーの営業さんに捕まるの巻です。

OM-D E-M1もあまり出番が無い状態ですが最近マイクロフォーサーズがお気に入り。
深度が浅いのもなんだか絵作りには楽しいかもと思ったり。カメラが軽いのがいいですね。と云いながらPanasonicのLUMIX DMC-GM1よりは全然重い。

メニュー設定周りが慣れるまでちょっと時間がかかりそうですが実はISO感度の変え方がメニューで見つからなく5分くらいメニューを弄ってました。
レンズキッドについているレンズは14-42mm EZ。
広角側で28mmなんですが湾曲が大きい気がします。それなりにOM-D E-M1でレンズを揃えているのでそちらを使いますが。

夕暮れに近い時間帯の空を。一枚目はJPEGで撮りました。

E-PL720140921165559.jpg

続きを読む: OLYMPUS PEN Lite E-PL7 レンズキッド で初撮り空を撮る

2014年9月17日

離陸します。 EOS 6D + EF85mm F1.2L II USM

Canon EOS 6D20140916172839.jpg

離発着時にデジタルカメラを含めほぼすべての電子機器がANA航空機無いで使用できるようになりました。
おかげで離発着時に爆睡をしていた私ですが目をギラギラさせながら起きてます。飛行機は飛んでいるのを見るのが好きですが乗るのは実は嫌いです。年間おそらく60回は乗っているのですが未だになんでこんな重いものが上空10kmを航行できるのか意味が分かりません。

夕日に染まるANAの尾翼が奇麗でした。

今回の出張でお供をお願いしたのは私の使用している機材の中では最重量級のCANON EOS 6D+縦グリ+Lレンズ EF85mm F1.2L II USMです。
サブとしてDP2 Quattroを持って行きましたが一枚も撮らなかったような・・・。

メインカメラは未だにCANON EOS 6Dだと思っています。SONY α7R ILCE-7Rもメインになりつつあるのですがレンズが乏しい。Aマウントレンズをアダプタ介してつけたりしているのですが重い。せっかくα7Rはコンパクトで軽いのに。
どうせ重いならEOS 6Dでも良いかと思い今回は EF85mm F1.2 II USMも試したく出張に連れて行ったわけです。
写真撮影がメインの出張じゃないのでね。

F5.6まで絞って撮りました。一番のネックは窓の汚れとひずみですね。

続きを読む: 離陸します。 EOS 6D + EF85mm F1.2L II USM

2014年9月16日

横浜馬車道+赤レンガ倉庫 スナップ(仮) EOS 6D + EF85mm F1.2L II USM

通っただけなので仮です。

わたわた忙しくしておりまして写真を撮る暇がありません。たまに時間があると寝てしまいます。
そんな中、名玉と呼ばれているEOS LレンズのEF85mm F1.2L II USM についに手を出してしまいました。いつ使うのか不明です。
サイトを徘徊しているとやはりというかもうモデルさんのポートレートだらけ。
そんな85mm F1.2をスナップに使うつもりなんですから完全にアホです。
というよりポートレートの練習をしたいのですが何せモデルが居りません。
娘を撮ってやるつもりではいますが。

いやぁフルサイズのF1.2はデカいし重いしこんなの街ぶらには正直使えんでしょうね。
ただ写りはすごいは。解像度もピントが合っている場所の切れも、前ボケも後ボケも。実際はソニーのAマウントの135mm F2.8[T4.5]STFの方がボケの感じは好きですがこれはこれでもう最高のレンズだと思います。

ついにLレンズに手を染めてしまったわけですがこれ以上はおそらく増えないと思います。
やっぱりSIGMAのレンズの方が扱いやすいしシグマの癖の方が好きだと感じました。
これからどんどん撮って行きたいと思います。

晴天時に風景を撮るにはF4くらいまで絞った方が美しいですかね。

Canon EOS 6D20140916124156.jpg

わざと手前に植物の葉を入れてみたのですが前ボケがはっきりしすぎているのがちょっと気になるかも。開放に持って行きたいが明るすぎる。露出補正だけではちょっと足りない。NDフィルタですね。

続きを読む: 横浜馬車道+赤レンガ倉庫 スナップ(仮) EOS 6D + EF85mm F1.2L II USM

神田明神 の夕暮れスナップ SIGMA DP2 Quattro

スナップする暇がなく久々の更新になります。

ちょっとした隙間の時間の夕暮れに神田明神へお参り。
成田山にお参りしたことが無いから大丈夫でしょう。

何度か訪れたことがありますが夕暮れは初めてです。

SIGMA dp2 Quattro20140907175707.jpg

続きを読む: 神田明神 の夕暮れスナップ SIGMA DP2 Quattro

2014年9月 7日

札幌街ぶら 北海道大学編 Panasonic DMC-GH4

LEICA DG NOCTICRON 42.5/F1.2の初撮りになります。
値段の割にはっていう評価ばかりで気になってはいたのですが私的には悪くないという印象です。
F1.2をいつ使うかの問題もあるでしょうが。
どちらかというと前ボケは富士フイルムのFUJINON XF56mmF1.2 Rの方が好みのボケになるかな。

一枚目は北大構内に入る前に一枚。
このレンズの構図的には縦が多くなる傾向があります。意識しているわけではなかったのですがいつもの撮影と比べると縦の構図がおおい気がしました。

さすがに日中の明るい時間にF1.2で撮るのは白トビが気になりますので茂みの木陰になっている一から一枚撮ってみました。
DMC-GH420140906155133.jpg

わざとらしく前に枝を一本入れてあります。マイクロフォーサーズなので深度的な弱点はあるのですがその分F1.2でもピントの合う範囲がちょっと広い感じがします。

続きを読む: 札幌街ぶら 北海道大学編 Panasonic DMC-GH4

2014年9月 3日

SONY α7S ILCE-7S で夜の 森の時計 + ニングルテラス

北海道の夏はあっという間にすぎて行きます。
この時期は一気に夜は気温が一桁台になるなんてこともまれです。
ただここ数日夏日が続いた北海道ですが、いよいよ今夜あたりから雨。
一雨ごとに気温が下がって行きます。
紅葉の季節ですね。

SONY α7S ILCE-7SとPlanar T* 50mm F1.4 ZA SSM の組み合わせで雪が振る前に行っておきたい場所の一つ富良野の新プリンスホテルに併設されているニングルテラスです。倉本聰氏のあのドラマ「北の国から」の舞台にもなっていますし、風のガーデンや優しい時間のロケ地でもあります。

どっちかというといつも六郷のロケ地よりこちら側を選んでしまいます。

定番の「森の時計」カウンター席でミルで豆を自分で曳く。

ILCE-7S20140902183759.jpg

優しい時間が放映されてから9年も経ってますからねいろいろ変わっているかと思います。

続きを読む: SONY α7S ILCE-7S で夜の 森の時計 + ニングルテラス

2014年9月 1日

FUJIFILM X-T1 + FUJINON XF56mmF1.2 R で巣鴨をぶらる。

初巣鴨。

なんで巣鴨か?あぁコメダ珈琲店が比較的すいているらしいからです。以前吉祥寺で全然行列で入れなかったので。
名古屋のコメダ珈琲店が東京に進出しているとは聞いてはいたのですが。
相変わらずの珈琲なんですがシロノワールをまた食べたくなってしまったので。というのが巣鴨に寄った理由です。
あとはお岩さんのお寺を見てみたかったというのもありまして。
とげぬき地蔵が果たしてどれだったのかよくわからないくらい駆け足でぶらる(ぶらって無い)してきました。

X-T120140831163213.jpg

続きを読む: FUJIFILM X-T1 + FUJINON XF56mmF1.2 R で巣鴨をぶらる。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。