n' Photo labo: 2014年6月アーカイブ

2014年6月アーカイブ

2014年6月30日

SIGMA DP2 Quattro 青空、雲、木の葉

色味がだいぶわかってきました。Merrillより青が美しいと感じます。
現像ですがほぼ素のままに近いのが一枚目の青空。

DP2Q0028.jpg

順光の時は抜群に解像度が上がります。木の葉の裏の葉脈まできれいに解像しています。白トビが気になっていたのですが露出オーバーだったらどんなカメラでもなるだろうし基本に忠実に撮れば良いだけの事だとわかりました。

これ実は信号で止まっている車の運転席からとっているんです。特に構図も決めずにしかも片手でシャッターを切りました。
恐ろしい事に手ブレもせず。このボディは片手でもちゃんとフィットしてちゃんとシャッターが切れるのが素敵だと思います。
RicohのGRもそうですがGRより全然重量があるのに。

続きを読む: SIGMA DP2 Quattro 青空、雲、木の葉

2014年6月29日

CANON GPS RECEIVER GP-E2 から汎用フォーマットGPSログを取り出す。

ジオタグにGPSデータを付けていますか?
カメラにGPSが内蔵されているEOS 6Dをメインで使っていたときはあまり気にしないでGPSをONにしていたのですが最近ほかの機材もいろいろ使うようになってGPSデータがジオタグに入っていない。あれ?この写真どこで?というのがありましていろいろ検討を重ねておりました。

過去にもSONYから出ていたGPSロガーを使っていたのですがいつの間にか持ち歩かなくなり今となってはどこにしまいこんだかわからない状態です・・・。あれもいちいちカメラからSDカードを取り出してセットして画像にGPS情報を追加していくという面倒な手続きが必要でしたが比較的長い間使っていた記憶があります。

続きを読む: CANON GPS RECEIVER GP-E2 から汎用フォーマットGPSログを取り出す。

2014年6月28日

SIGMA RAW ".X3F" Mac OS X QuickLook で表示

Mac ユーザ限定の情報ですが。SIGMA DPシリーズをWindows環境で使っている人は私の周りにはいないのでそんな事はムシします。

RAWで撮影が基本のSIGMA DPシリーズ。
RAWって何?っていう質問もありますんで簡単に。

RAW(ロー)はイメージセンサが捕えた画像情報をそのままファイル。カメラ機材によりますが基本的にデータに対して足したり引いたりしない無加工の生データです。デジタルカメラなのに現像が必要なのはこのRAWからJpegなどの形式に変換する工程(露出や明暗など加工をする)を現像と言っています。

各社カメラの中で処理する方式は基本的にばらばらですしメーカーの中でも機材ごとにRAWのファイル形式は違います。
大概はApple Software Updateでカメラが発売された2〜3ヶ月後にはその機材がつくり出すRAWファイルを編集できるようにアップデータが配信されます。

どちらもiPhotoやApertureなどのアプリケーションを立ち上げて表示します。

MacにはそのiPhotoやApertureなどを立ち上げなくても確認したいファイルを選択して「スペース」キーを押せばそのファイルが簡易表示できるQuickLookというOSの機能があります。その場ですぐに確認できるので非常に便利。もちろんAppleが配信しているデジタルカメラ RAW 互換性アップデートで配信されているメーカー、機材というのが該当します。

残念ながら・・・SIGMA DPシリーズのRAWファイルはデジタルカメラ RAW 互換性アップデートの中には何時までたっても列記される事がありません・・・。

続きを読む: SIGMA RAW ".X3F" Mac OS X QuickLook で表示

2014年6月27日

SIGMA DP2 Quattro

SIGMA DP1 Merrill、DP2 Merrill、DP3Merrillを所有しております。
でもこれらはつい最近手に入れたカメラたちです。野暮ったいボディと動作の遅さが購入に至らずいたのですが圧倒的な解像度を見せられて価格が底値と思われた時に購入いたしました。

そのDPシリーズの新モデルが本日2014年6月27日に発売が開始されました。

続きを読む: SIGMA DP2 Quattro

2014年6月25日

SONY α7R ILCE-7R + SAL50F14Z レンズフレア

このレンズの癖?フレアが出てボツ写真が・・・。

SAL50F14Z Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM なのですがさすがの解像度なので気に入って使っているのですがあまりにも明るいところは扱いが難しいようです。

DSC02004.jpg

こんな感じで残念な絵になってしまいました。屋外がとやっぱり確認しにくいね・・・。その場でMacを広げていちいち確認もできないし・・・。

続きを読む: SONY α7R ILCE-7R + SAL50F14Z レンズフレア

2014年6月24日

SONY α7S ILCE-7S そこそこの高感度で街夜景を撮る

SONY α7S ILCE-7Sの良いところと言えば保存されるRAWのサイズが小さいのでファイルを取り扱うのが楽。
そこそこの高感度っていったいどれくらいなのかと思いましたが何枚か試し撮りをしてISO16000位が夜景を撮るための限界の感度なのかなぁ。もちろんシャッタースピードや露出の影響もあるのですが夜景を手持ちで撮るなんていう事を考えるとシャッタースピードは1/5以上はやっぱり欲しいですよね。
シャッターが早く切れれば手ブレは起きにくいですし。

続きを読む: SONY α7S ILCE-7S そこそこの高感度で街夜景を撮る

2014年6月21日

SONY α7S ILCE-7S 高感度で撮影してみる

ようやく札幌も晴れました。

星撮りのために少し遠出をしておりますがあいにくいまのところ雲が・・・。
もう少し粘ってみますがどうでしょうか。

α7Rと撮り比べてもあまり意味がないと思いますので撮り比べなどはいたしません。

撮りあえず一枚目。
これが使えるかどうかと言われると使えないと断言できますが使いようによっては使えるシーンがあるのかもしれません。
DSC01865.JPG
ISO409600

続きを読む: SONY α7S ILCE-7S 高感度で撮影してみる

2014年6月20日

SONY α7S ILCE-7S を購入いたしました。

圧倒的な高感度が売りのSONY α7S ILCE-7Sを購入いたしました。

ISOをオートにしていた時代もありますがここ数年はISO100を基本に写真を撮ってきました。

どうしてもシャッタースピードが遅くなるので撮れない被写体も多くて苦労したりしましたがそれでも最高ISO800位が限界と思っていました。

ソニーストア

続きを読む: SONY α7S ILCE-7S を購入いたしました。